家族葬の費用

家族葬は費用が安い?

家族葬は費用が安い? 家族葬をされる場合に考えられることの一つは、一般葬と比較をした場合に費用がかからないことが挙げられます。そこで、おおよその内訳について記していきます。家族葬には、花祭檀・棺桶・骨壺・焼香台など葬儀を行う上での用具一式が必要となります。お通夜や火葬をする際の会場使用料も葬儀社の料金プランの中に含まれていることが多いです。その上で葬儀社に依頼する場合は、各種事務手続きをしてもらう際の書類代金など各種費用がかかります。その他、盛大にお見送りしたい場合には花代などがオプション料金で発生します。葬儀会社では、概ね家族葬プランの一つとしてここまでは含まれています。

しかし、別途費用が必要な場合があります。参列者を飲食でのおもてなしをする必要がある場合には、その費用が掛かります。具体的には、お通夜の際に通夜振るまいとして、お弁当や飲み物で参列者をもてなす場合があります。さらに、葬儀・告別式後に精進落としをする際のお弁当や飲食の費用も掛かります。それぞれに、費用を抑えることはもちろんですが、見込み人数より多くの方が来られることを想定して、オードブルにてひとくくりにして参列者をおもてなしすることも一つの方法です。

一人一人個別でお弁当を手配する場合は、参加が見込みまれる人数よりも多めに用意することによって、不足が出ることのないようにしましょう。余った場合は、精進落としに参列されない方に持ち帰りをしてもらうことも出来ます。火葬場に葬式当日に行く際には、待機時間に備えての茶菓子などを用意するための料金がかかる場合もあります。

仏式の家族葬をする場合は、別途僧侶へのお布施が必要です。読経や戒名のお礼、位牌の費用がかかりますが、その相場は寺院によってまちまちです。通夜及びお葬式・告別式の際のお布施の費用は、15万円くらいが相場となりますが、地方によってその金額が前後します。しかし、これは通夜及びお葬式・告別式の当日の読経料です。その上で、別途戒名料金もかかります。寺院や故人の知名度を踏まえて、相応の費用が必要となります。お渡しする際には、葬儀・告別式のお布施と一緒に、当日渡します。さらに僧侶へのお車料が別途必要となります。同様に、僧侶が精進落としなどに参席されない場合には、御膳料が必要になりますが、お車料と一緒に渡す場合が多いです。相場は地域によって異なりますが、それぞれ5,000円から10,000円くらいです。

家族葬プランは各種、葬儀会社で用意されていますが、僧侶へのお布施などは、別途必要となり、多くの場合葬儀当日までに用意する必要があるので、事前に確認しておく必要があります。

お知らせ