家族葬で費用を抑えるには

家族葬の費用についてですが、葬儀会社でのプランを見比べた場合には、一般葬に比べて、安く思われる場合が多いです。しかし、別途支払う料金として僧侶へお葬式当日に支払うお布施は相応にかかる上、各種葬儀会社のオプションをつけると費用は膨らみます。参列者の方にも満足してもらえることを前提にして、上手に活用するマメ知識をいくつか紹介します。

家族葬において、飲食代金を削ることは可能です。参列される方が身内のみであり、お弁当などの飲食を用意する必要が無いとお考えの方もいるでしょう。茶菓子のみで対応する場合は、主催者側が自分で手配をすると、費用を抑える点においては一役担います。葬儀会社のプランは、一くくりの料金で用意されていますが、そこから不要なプランを削ることも出来ます。特に、火葬場へのマイクロバスや道案内の手配、運営に携わるスタッフを最小限にすることなど、本当に必要なサービスだけを利用することで、家族葬にかかる費用を抑えることが出来ます。

僧侶へのお布施に関しても、無宗教で葬儀を行う場合では、削ることが出来ます。故人及び親族が菩提寺とのお付き合いがない場合には、読経や焼香を省略することも可能です。しかし家族葬であるとはいえ、お香典を持ってこられた参列者から見た場合、また最後のお見送りとして個人を偲ぶという点では、質素に済ましているというイメージは拭えないかもしれません。

家族葬は、親族様のみで行うものなので、ある程度の費用を削ることは、日ごろの付き合いなどから理解してもらえる面もあります。しかし、あまり度が過ぎてしまうと、今後のお付き合いに影響を及ぼす場合もあります。さまざまな立場から考えて、配慮することが大切です。