家族葬の費用がかかる場合

葬儀にかかる費用を最小限度で済ませようとお考えの場合には、家族葬をすることで安く抑えることも可能です。しかし、参列される方が、親族のみということは、香典も一般葬と比べて少ない金額になります。一般葬の場合には、親族以外からの参列者が多いと、相応な金額が入ることが見込まれますが家族葬の場合にはそういうことはありません。そのため、葬儀会社での家族葬プランは、費用が一般葬と比べて安く設定されている場合でも、主催者側の支払額が多いといった事態も想定されます。

そこで、家族葬の葬儀会社選びという点でのマメ知識を紹介します。葬儀会社ごとに、費用の設定に幅があります。なぜなら、家族葬は、近年の葬儀における新しい形態であるため、葬儀会社ごとでのサービスに大きく違いがあるからです。各社ごとに、オプションがまちまちなので、インターネットなどで葬儀会社について個別で情報を収集することがおすすめです。葬儀会社によっては、無料見学会を設けており、スタッフと事前に各種葬儀プランについて相談が出来る機会が設けられています。

人付き合いという点でも、葬儀後の喪中はがきを出した後に、知人の弔問が相次ぐ場合もあります。遺族の方が対応する時間がとられる上に、人によっては葬儀に参列できなかったことによる、恨み言をきかされるかもしれません。故人を偲ぶにあたり、気持ちが落ち込んでいることに加えて負担になる場合もあるでしょう。

家族葬の費用を抑えるには、各葬儀会社ごとでのサービスの見比べが必要です。安易な考えで家族葬を選ぶと、精神的な負担が増えてしまうこともあるので事前に十分考慮することが重要です。